世界音楽教育史

供田武嘉津 著

[目次]

  • 目次
  • 巻頭口絵
  • 序文 / p1
  • 主要参考文献 / p4
  • 第1章 原始社会と音楽教育 / p15
  • 1. 音楽教育の始源 / p15
  • 2. 生活と音楽教育 / p17
  • 第2章 古代東方諸国の音楽教育 / p19
  • 1. 音楽教育への芽ばえ / p19
  • 2. 古代文明諸国の音楽教育観 / p21
  • 第3章 古代ギリシアの音楽教育 / p34
  • 1. ギリシアの文明 / p34
  • 2. 教育の変遷と音楽 / p39
  • 3. 思想家たちとその音楽教育観 / p49
  • 4. ギリシアの音楽教育一般 / p53
  • 5. ギリシアの音楽と理論 / p57
  • 第4章 古代ローマの音楽教育 / p61
  • 1. ローマ人の教育観 / p61
  • 2. 音楽教育一般 / p64
  • 第5章 中世の音楽教育 / p70
  • 1. 教育の展望 / p70
  • 2. 宗教と音楽教育 / p75
  • 3. 中世諸学校と音楽教育 / p79
  • 4. 騎士道と音楽教育 / p85
  • 5. 楽譜の改良と階名唱の創始 / p88
  • 6. グィド・ダレッツォの生涯と階名唱法 / p92
  • 第6章 文芸復興期の音楽教育(14,5~16世紀) / p99
  • 1. ルネッサンスの意義と教育 / p99
  • 2. ルネッサンスと芸術教育思潮 / p105
  • 3. 音楽教育一般 / p111
  • 第7章 実学主義と音楽教育(17世紀を中心として) / p121
  • 1. 実学主義と音楽 / p121
  • 2. 教育実学主義者たちの芸術教育観 / p125
  • 3. 実学主義者たちの音楽教育観 / p130
  • 第8章 教育自然主義と音楽教育(18~19世紀初期) / p133
  • 1. 教育の概観 / p133
  • 2. 18世紀の芸術教育思潮 / p136
  • 3. ルソーと音楽教育 / p139
  • 4. 汎愛派と音楽教育 / p143
  • 5. ペスタロッチと音楽教育 / p148
  • 6. ペスタロッチ式唱歌法の改良者たち / p154
  • 第9章 教育の概観と芸術教育思潮(19世紀以降) / p161
  • 1. 教育の概観 / p161
  • 2. 芸術教育の思潮 / p169
  • 第10章 ドイツの音楽教育(約1800年以降) / p185
  • 1. 学校制度の変遷と音楽科の地位 / p185
  • 2. 音楽教育の概要 / p196
  • 3. 新らしい音楽教育思潮 / p227
  • 4. 音楽教育に寄与した人たちとその業績 / p245
  • 5. 最近におけるドイツの音楽教育 / p270
  • 第11章 フランスの音楽教育(約1800年以降) / p293
  • 1. 教育制度の変遷と音楽科 / p293
  • 2. 19世紀以降の音楽教育の概要 / p302
  • 3. 著名な音楽教育者たちの業績 / p305
  • 第12章 イギリスの音楽教育(約1800年以降) / p314
  • 1. 教育制度の変遷と音楽科 / p314
  • 2. 音楽教育の概要 / p318
  • 3. 音楽教育に寄与した人たちとその業績 / p326
  • 第13章 ソビエトの音楽教育(約1800年以降) / p344
  • 1. 教育制度の変遷と音楽科 / p344
  • 2. 音楽教育の現状 / p358
  • 第14章 アメリカの音楽教育 / p376
  • 1. 音楽教育変遷の概要 / p376
  • 2. 最近におけるアメリカの音楽教育 / p417
  • 3. 音楽教育に寄与した人たち / p486
  • 索引 / p495

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 世界音楽教育史
著作者等 供田 武嘉津
書名ヨミ セカイ オンガク キョウイクシ
書名別名 Sekai ongaku kyoikushi
出版元 音楽之友社
刊行年月 1958
ページ数 502p 図版
大きさ 22cm
ISBN 4276311802
NCID BN04911049
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
58003499
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想