身体論

湯浅泰雄 [著]

"心"と"身体"-デカルト以来の近代西洋哲学が幾度となく究明を試みたその問題は、東洋思想の照明を受けつつ、今日最もヴィヴィッドな課題として我々の前にあらわれている。哲学者であり、ユング心理学や「気」の研究の先頭走者でもある著者は、現象学、生理心理学との通路を縦横に結びつつ、東洋的「心身一如」論の現代的意義を浮かび上がらせる。海外の思想界に影響を与えた英語版を文庫化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序説 研究の目的と問題の概観
  • 第1章 近代日本哲学の身体観(和辻哲郎の身体観をめぐって
  • 西田幾多郎の身体観をめぐって
  • 東洋思想研究の態度と方法)
  • 第2章 修行と身体(修行とは何か
  • 芸道論
  • 道元
  • 空海)
  • 第3章 東洋的心身論の現代的意義(現代の哲学的心身論とその問題点
  • 心身関係の二重構造
  • 東洋的瞑想の領域)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 身体論
著作者等 湯浅 泰雄
書名ヨミ シンタイロン
書名別名 東洋的心身論と現代
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1990.6
ページ数 388p
大きさ 15cm
ISBN 406158927X
NCID BN04910636
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90040847
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想