わが国近代保険学の発展

庭田範秋 著

[目次]

  • 目次
  • 第一編 総説
  • 一 戦前の保険学 / p1
  • (一)保険学の輸入 / p1
  • (二)保険学の特殊性の主張 / p2
  • (三)保険本質論の登場 / p2
  • (四)保険経済学の発生 / p4
  • (五)保険経営学の萌芽 / p5
  • (六)マルクス経済学の保険学への影響 / p5
  • (七)保険学研究の戦争による中断 / p6
  • 二 現在の保険学 / p7
  • (一)保険学総論 / p9
  • (二)生命保険論 / p15
  • (三)損害保険論 / p20
  • (四)社会保障論と共済論 / p24
  • (五)保険経営論 / p30
  • (六)保険法学と保険数学 / p33
  • (七)保険周縁の諸学 / p35
  • 三 今後の保険学 / p40
  • (一)保険学方法論・本質論研究の後退 / p40
  • (二)保険と他の諸制度との関連的研究(保険の近代経済学的研究 1) / p42
  • (三)保険学の政策への近接(保険の近代経済学的研究 2) / p43
  • (四)保険学と統計との結合(保険の近代経済学的研究 3) / p44
  • (五)保険学の動態問題内での確立(保険の近代経済学的研究 4) / p44
  • (六)保険学の純粋理論的発展(保険の近代経済学的研究 5) / p45
  • (七)保険における資本の集中と集積ならびに独占の分析(保険のマルクス経済学的研究 1) / p46
  • (八)保険資本の金融資本としての機能の分析(保険のマルクス経済学的研究 2) / p47
  • (九)社会主義社会における保険の分析(保険のマルクス経済学的研究 3) / p48
  • (一〇)保険数理経営学の出現(保険の経営学的研究 1) / p49
  • (一一)保険経済学のアメリカ経営学による近代化(保険の経営学的研究 2) / p50
  • (一二)保険経営をつつむ社会関係の重視(保険の経営学的研究 3) / p51
  • (一三)保険と社会的企業体制変化の関連の追究(保険の経営学的研究 4) / p51
  • (一四)保険学の視野の拡大の要請 / p52
  • (一五)わが国保険への特殊問題研究の推進 / p53
  • 第二編 書評および論評
  • 1 近藤文二氏著『保険論』 (大阪商科大学教授) / p57
  • 2 印南博吉氏著『生命保険論』 (明治大学教授) / p64
  • 3 印南博吉氏著『保険経済』 (明治大学教授) / p70
  • 4 斎藤利三郎氏著『保険理論の研究』 (和歌山大学教授) / p74
  • 5 白杉三郎兵著『保険学総論』 (神戸大学教授 商学博士) / p84
  • 6 大林良一氏著『保険』 (一橋大学教授) / p90
  • 7 園乾治氏著『保険学』(昭和二十九年十一月十五日発行、泉文堂)をめぐって (慶応義塾大学教授) / p95
  • 8 鈴木譲一氏 市川久仁氏共著『損害保険経営論』 (東京海上火災財務部第二課長・日本損害保険協会企画課) / p100
  • 9 加藤由作氏著『海上保険講義』 (一橋大学教授 商学博士) / p106
  • 10 大谷省三氏 井上完二氏共著『小農経済における保険の限界に関する研究』 (東京農工大学教授他) / p111
  • 11 岡部寛之氏著『保険学新講』 (住友生命調査課長 拓殖大学講師 経済学博士) / p123
  • 12 伊沢孝平氏著『保険法』 (東北大学教授) / p130
  • 13 L・W・アイルズ著 本城俊明氏訳『団体保険の研究』 (生命保険研究家) / p138
  • 14 平田隆夫氏著『社会保障』 (大阪大学教授 経済学博士) / p145
  • 15 坂寄俊雄氏著『社会保障』 (立命館大学助教授) / p152
  • 16 モーリス・フォーク著 木村栄一氏・高木秀卓氏共訳『保険』 (一橋大学助教授・東京海上火災外国部) / p162
  • 17 佐波宣平氏著『保険学講案』 (京都大学教授 経済学博士) / p168
  • 18 保険学の研究方法-南出弘氏著『損害保険の学び方』(安田火災海上業務部調査課長長企画部兼務) / p173
  • 19 『損害保険実務課座』(第一巻~第七巻)、『生命保険実務講座』(第一巻~第七巻)の基礎にあるもの / p182
  • 20 国崎裕氏著『生命保険』 (日本生命副社長 生命保険文化研究所代表理事 統計研究会常務理事) / p186
  • 21 岡部寛之氏著『保険経済論』 (住友生命財務課長 亜細亜大学教授 拓殖大学講師 経済学博士) / p195
  • 22 真野脩氏著『経営年金制度』 (大阪経済大学講師) / p202
  • 23 『講座 社会保障 2 日本経済と社会保障』 / p208
  • 24 大林良一氏著『保険理論』 (一橋大学教授) / p214
  • 25 西藤雅夫氏著『保険の経済理論』 (滋賀大学教授) / p228
  • 26 生活と保険-『家庭経済学』(大河内一男氏・篭山京氏共著)を読んで保険を考う-(東京大学教授・北海道大学教授) / p239
  • 27 全国農業協同組合中央会編『共済事業の理論と実務』 / p246
  • 28 Φ・B・コーニシン著 笠原長寿氏訳『ソ連邦の保険-生命保険と損害保険の理論と実際-』(明治大学助教授) / p254
  • 29 アドルフ・A・バーリ著 加藤寛氏・関口操氏・丸尾直美氏共訳『財産なき支配-保険企業の金融的活動に関連して-』(慶応義塾大学助教授・慶応義塾大学専任講師・フェビアン研究所所員) / p260
  • 30 D・W・グレッグ編 園乾治氏監修『生命保険の理論と実務』(中巻)(慶応義塾大学教授 研済学博士) / p268
  • 31 S・クウィーン著 高橋梵仙氏訳『西洋社会事業史』 (経済学博士) / p276
  • 32 年金保険懇話会『年金保険-その理論と実際-』 / p286
  • 33 末高信氏著『生命保険論』 (早稲田大学教授 商学博士) / p293
  • 34 米谷隆三選集刊行委『米谷隆三選集』(第一巻 第二巻) / p300
  • 35 加地昭義氏 岡庭博氏 古川哲次郎氏監修『現代日本海運史-戦後十五年の歩み-』(神戸商科大学教授・三光汽船常務取締役・海事文化研究所) / p305
  • 36 ジョン・S・マックギネス著 日動火災海上保険株式会社訳『トップ・マネジメント-保険会社における組織と統制の実証的研究-』 / p310
  • 37 水島一也氏著『近代保険論』 (神戸大学助教授) / p315
  • 38 川元英二氏著『アメリカ退職年金制度』 (関西大学教授) / p320
  • 39 印南博吉氏 二瓶嘉三氏 鈴木謙一氏共著『保険経営論』 (明治大学教授 商学博士・朝日生命調査室長・東京海上火災企画部副長) / p327
  • 40 二つの損害保険合理化論-友田勇氏著『火災保険経営の研究』と野口祐氏編『産業別にみた合理化分析II』の松村哲昭氏担当「保険独占と合理化」-(日本機械保険連盟事務所長と全日本損害保険労働組合副委員長) / p332
  • 41 マーケティングと保険-マーケティング・ハンドブック(同文館)に想う- / p342

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 わが国近代保険学の発展
著作者等 庭田 範秋
書名ヨミ ワガクニ キンダイ ホケンガク ノ ハッテン
出版元 慶応通信
刊行年月 1962
ページ数 347p
大きさ 22cm
NCID BN04904473
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
62002815
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想