アフリカ音楽探検記 : 民族と大地の野生セッション

のなか悟空 著

JAZZとビートの源流にどっぷりと身を浸して考える、"肉体感応型"の音楽紀行。リズムとは何か?ドラムとは何か?なぜ我々はかくも音楽に魅せられるのか?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ナイロビは燃えている
  • 第2章 キリマンジャロとの交感
  • 第3章 ウガンダの夜・祝祭の夜
  • 第4章 ピグミー村は天界音楽
  • 第5章 天国のアフリカン・ミュージック
  • 第6章 クレイジー・ボートの日々
  • 終章 音楽の鎖を解き放て

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アフリカ音楽探検記 : 民族と大地の野生セッション
著作者等 のなか 悟空
書名ヨミ アフリカ オンガク タンケンキ
書名別名 Afurika ongaku tankenki
出版元 情報センター出版局
刊行年月 1990.3
ページ数 206p
大きさ 20cm
ISBN 4795810125
NCID BN04891214
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90030475
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想