王朝の女流作家たち

樋口芳麻呂 ほか著

貴族・武家の"男の世"にあってなおその個性をいかんなく発揮し、日本文学史上ひときわ光彩を放つ女流群像。13人の"生の軌跡"と"心情"を読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 総説
  • 第2章 平安期の女流作家たち(小野小町
  • 伊勢
  • 道綱母
  • 和泉式部
  • 清少納言
  • 紫式部
  • 赤染衛門
  • 孝標女)
  • 第3章 鎌倉期の女流作家たち(式子内親王
  • 建礼門院右京大夫
  • 俊成卿女
  • 阿仏尼
  • 後深草院二条)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 王朝の女流作家たち
著作者等 久保 朝孝
岩下 紀之
樋口 芳麻呂
鷹尾 純
書名ヨミ オウチョウ ノ ジョリュウ サッカタチ
書名別名 Ocho no joryu sakkatachi
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 1990.6
ページ数 285p
大きさ 20cm
ISBN 4790703711
NCID BN04882610
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90043281
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想