「ヒト」の分子生物学を提唱する

松原謙一 著

[目次]

  • 1 分子生物学の黎明(細胞を自由に扱う
  • ジャコブ=モノーの論文に感激
  • 何も教えてくれない先輩 ほか)
  • 2 組換えDNAの時代(最も研究が面白かった時代
  • 医学から見たDNA組換え実験 ほか)
  • 3 性善説に立つシステムづくりを(日本はなぜゆとりがないのか
  • 精神の高さと社会の安定は両立しない ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「ヒト」の分子生物学を提唱する
著作者等 松原 謙一
書名ヨミ ヒト ノ ブンシ セイブツガク オ テイショウスル
書名別名 Hito no bunshi seibutsugaku o teishosuru
シリーズ名 ステアリングシリーズ 科学技術を先導する30人 15
出版元 三田出版会
刊行年月 1990.6
ページ数 89p
大きさ 19cm
ISBN 4895830470
NCID BN04881800
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90044235
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想