マラヴォリヤ家の人びと

ジョヴァンニ・ヴェルガ 著 ; 西本晃二 訳

舞台はイタリア南部、シチリヤ島の小さな漁村。マラヴォリヤ家の当主ヌトーニ親方がうちわ豆を掛けで買って一儲けを企てた。荷を積んだ一家の漁船「天祐丸」は、宵の明星がキラキラ輝き出すころ出帆した。息子の「大仏」と近所のメニィコを乗せて。ところが真夜中すぎから強風が吹き出し、海は吠え猛る…。マンゾーニの『いいなづけ』と並ぶイタリア文学の傑作である。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マラヴォリヤ家の人びと
著作者等 Verga, Giovanni
西本 晃二
ヴェルガ ジョヴァンニ
書名ヨミ マラヴォリヤケ ノ ヒトビト
書名別名 I Malavoglia
出版元 みすず書房
刊行年月 1990.4
ページ数 302p
大きさ 22cm
ISBN 4622046822
NCID BN04880863
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90033525
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想