現代型犯罪と刑法の論点

板倉宏 著

本書は、現代における刑法の重要な論点をめぐる研究を集成したものである。いわゆる現代型犯罪の研究が大部分を占めている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 現代型犯罪論
  • 組織体犯罪の比較法的考察
  • 違法性における行為無価値論と結果無価値論
  • 超法規的処罰阻却事由
  • 監督過失
  • 過失における因果関係
  • 水俣病刑事裁判最高裁決定
  • 情報公開をめぐる刑法的諸問題
  • 企業秘密をめぐる犯罪
  • 談合罪の問題点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代型犯罪と刑法の論点
著作者等 板倉 宏
書名ヨミ ゲンダイガタ ハンザイ ト ケイホウ ノ ロンテン
出版元 学陽書房
刊行年月 1990.6
ページ数 223p
大きさ 22cm
ISBN 4313314067
NCID BN04878056
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91005382
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想