放送産業 : その日本における発展の特異性

瓜生忠夫 著

[目次]

  • 目次
  • 戦後の誕生-序に代えて- / p1
  • I 放送法制定前史 / p25
  • II 視聴覚娯楽と国民生活時間 / p113
  • III 民放事業のはらむ矛盾-映画産業との対比において- / p131
  • IV 二四時間の壁 / p163
  • V 放送収入合理化への一私案 / p178
  • VI 転換期に立つテレビ・ネットワーク / p200
  • 補遺
  • I 民放テレビ・ネットワークの諸問題 / p221
  • II 放送の公共性とは(日本的視点において) / p229
  • テレビ番組小論考 / p240
  • 1 甲子圏野球のCM抜き提供について / p240
  • 2 スポンサーの逃げる〝良い番組〟 / p241
  • 3 見事な空間構成を示したネットワーク / p247
  • 4 根性ある製作者いでよ / p248
  • 5 東京への従属から脱却を / p250
  • 6 報道態度の現代性 / p251
  • 7 生まれる音への期待 / p253
  • 8 「無責任」な聴視者参加 / p256
  • 9 アナウンサー・タレント化の意味するもの / p257
  • 10 独創の入る余地のない構成 / p259
  • 11 一般番組のつまらなさ / p261
  • 12 インタビュアーはおのれの原則を / p262
  • 13 大人のためのメロドラマ / p264
  • 14 不気味な非政治番組の政治性 / p266
  • 15 シンセリティという絶対条件 / p268
  • 16 階層の広がりと番組の遊離 / p270
  • 17 壮大な即時的報道番組を / p271
  • 付録 北朝鮮と中国の旅から / p274
  • 1 北朝鮮の放送 / p274
  • 2 中国の放送 / p281
  • 3 平壌と中国でとらえられた「ケネディ暗殺事件」 / p289
  • 4 中国と北朝鮮のテレビ / p292
  • あとがき / p295

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 放送産業 : その日本における発展の特異性
著作者等 瓜生 忠夫
書名ヨミ ホウソウ サンギョウ : ソノ ニホン ニ オケル ハッテン ノ トクイセイ
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1965
ページ数 299p 図版
大きさ 22cm
NCID BN04876946
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
65008032
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想