酸性化する地球

広瀬弘忠 著

酸性降下物が密かに地球を蝕んでいる。工場や自動車等から大気中に排出された窒素酸化物や硫黄酸化物は、驚くほど長距離を移動して、酸性の雨や霧、塵となり、森林や湖沼を破壊しつつある。今や、深刻な国際問題となっている汚染の因果関係や実像は、どこまで解明されているか。被害が著しい欧米でのデータ、文献を総合的に分析することで、断片的に伝えられてきた酸性化現象の危機を捉え直し、警鐘を鳴らす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 酸性化現象
  • 第2章 酸性物質のなりたち
  • 第3章 被害について何がわかっているか
  • 第4章 "酸性物質"の輸出入をめぐる国際紛争
  • 第5章 "酸性化"と戦う世界
  • 補章 リスクはどう捉えられるか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 酸性化する地球
著作者等 広瀬 弘忠
書名ヨミ サンセイカスル チキュウ
シリーズ名 NHKブックス 597
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1990.6
ページ数 214p
大きさ 19cm
ISBN 4140015977
NCID BN04876323
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90051816
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想