民法総則要説

三和一博, 平井一雄 編

判例・通説を踏まえながら、民法総則の重要論点を筆者の見解も含めて叙述した標準的好テキスト。本書は"各則の理解の上にたってはじめて総則の理解が成り立つ"との観点から、物権や債権、親族・相続までの具体的な事例をとり上げ、それらを図示しながら、民法の基本の理解を目的に、とくに初学者を対象として工夫・構成して概説した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 権利の主体
  • 第2章 権利の客体
  • 第3章 法律行為総説
  • 第4章 意思表示
  • 第5章 代理
  • 第6章 無効と取消
  • 第7章 条件と期限
  • 第8章 期間
  • 第9章 時効

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民法総則要説
著作者等 三和 一博
平井 一雄
書名ヨミ ミンポウ ソウソク ヨウセツ
シリーズ名 法学要説シリーズ
出版元 青林書院
刊行年月 1990.4
ページ数 258p
大きさ 22cm
ISBN 4417007586
NCID BN04861144
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91042119
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想