現代言語論 : ソシュール フロイト ウィトゲンシュタイン

立川健二, 山田広昭 著

言語とは実体でもコミュニケーションの道具でもない。生きることそのものである。ソシュール、フロイト、ウィトゲンシュタイン、バフチン、クリステヴァをその可能性の中心で読み、多方向的に交通させることで、言語の思考をわれわれの生きる時空に解き放つ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 『現代言語論』はいかに書かれたか、あるいは『現代言語論』の読み方について
  • 現代言語論の三つの視点
  • 1 システム・構造としての言語-記号論的視点(記号 記号論と生のリアリティ
  • ソシュール 《力》の思想家
  • 共時態と通時態 ソシュールの《力》の言語学
  • サピア 《ドリフト》、あるいは構造主義の脱構築
  • 意味 《聴く立場》、のために
  • バルト 実存的構造主義、あるいはロゴスのポリティック
  • グー 言語と貨幣の生成プロセス
  • 戯れ 言語の無根拠性
  • ブレンダル 論理学的構造主義者の両義性と徹底性
  • イェルムスレウ 言語としての主体、あるいは内在論的構造主義の可能性
  • 固有名詞 シニフィエなきシニフィアン、あるいは言語のなかの外部性)
  • 2 無意識としての言語-精神分析的視点(フロイトと言語 言語行為論と象徴理論のはざまに
  • 無意識 無意識のなかの言語、言語のなかの無意識
  • アナグラム ふたりのソシュール、その断絶と連続
  • クリステヴァ 《名づけえぬもの》の理論、あるいは《女》のエクリチュール
  • セミオティックとサンボリック 恋愛、あるいはカオスとしての言語
  • 精神分析と言語使用論 欲動の力と発話の力)
  • 3 行為・コミュニケーションとしての言語-言語使用論的視点(ウィトゲンシュタイン 言語ゲーム論の射程
  • 交通 マルクスとソシュール、あるいは外部の力
  • オースティン パフォーマンスとしての言語
  • 対話 ミハイル・パフチンとともに
  • ヴァレリー 「考えるためには、ふたりでなければならない」
  • バンヴェニスト 発話行為の言語学-「主体」とは「語る主体」である
  • デリダ/サール論争 言語行為をめぐるディスコミュニケーション
  • 手紙 愛のメタファーとしての
  • 約束 このおそろしげな言語行為
  • 誘惑 他者との危ういコミュニケーション、あるいは迂回されてナルシシズム)
  • おわりに 言語論のあらたなる転回へ向けて
  • 現代言語論のためのブック・ガイド

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代言語論 : ソシュール フロイト ウィトゲンシュタイン
著作者等 山田 広昭
立川 健二
書名ヨミ ゲンダイ ゲンゴロン
書名別名 Gendai gengoron
シリーズ名 ワードマップ
出版元 新曜社
刊行年月 1990.6
ページ数 262p
大きさ 19cm
ISBN 4788503727
NCID BN04860152
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90045752
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想