警邏警察の研究

村山真維 著

[目次]

  • 序章 警邏警察研究の問題と視角(これまでの警察研究
  • 本書における警邏警察研究の枠組
  • 調査の方法と対象)
  • 第1章 警察の組織と警察官の社会的背景
  • 警察の組織
  • 昇任の状況)
  • 第2章 警邏警察の組織と活動(警邏警察における運営方針と組織の変化
  • 警邏警察活動
  • 警邏警察活動の重点-中間的総括)
  • 第3章 事案取扱から見た警邏警察活動(市民のイニシアティヴによる事案
  • 警察官のイニシアティヴによる事案)
  • 第4章 警邏警察官の法強行活動(警察全体の法強行活動において警邏警察の占める位置
  • 職務質問活動とその内在的制約
  • 第5章 警邏警察官の秩序維持活動(「料金ごた」の処理
  • 「喧嘩ごた」の処理
  • 「ごた」の処理と秩序維持活動)
  • 第6章 警邏警察官の活動志向(職務認識と意味づけ
  • 実績評価による組織的統制
  • 「昇進」ヘの欲求
  • 警邏警察官の活動志向)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 警邏警察の研究
著作者等 村山 真維
書名ヨミ ケイラ ケイサツ ノ ケンキュウ
書名別名 Keira keisatsu no kenkyu
出版元 成文堂
刊行年月 1990.4
ページ数 482, 5p
大きさ 22cm
ISBN 4792312108
NCID BN04852289
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91007907
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想