幾何学の起源

E.フッサール 著 ; 田島節夫 [ほか]訳

"西欧哲学への新しい解釈"を提起して独創的な思索活動をつづけたデリダが、フッサールの著作を自ら翻訳解説し、自己の思想的出発の宣言ともした問題の書。

「BOOKデータベース」より

<西洋哲学への新しい解釈>を提起して独創的な思索活動をつづけるデリダが、フッサールの著作を自ら翻訳解説し、自己の思想的出発の宣言ともした問題の書。

「BOOKデータベース」より

「西洋哲学への新しい解釈」を提起して独創的な思索活動をつづけるデリダが、フッサールの著作を自ら翻訳解説し、自己の思想的出発の宣言ともした問題の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『幾何学の起源』序説
  • 幾何学の起源

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幾何学の起源
著作者等 Derrida, Jacques
Husserl, Edmund
田島 節夫
矢島 忠夫
デリダ ジャック
鈴木 修一
フッサール エドムント
書名ヨミ キカガク ノ キゲン
出版元 青土社
刊行年月 1980.4
版表示 新版
ページ数 320p
大きさ 20cm
ISBN 4791760344
NCID BA61747783
BN01510110
BN02582015
BN0483846X
BN07957294
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
81006228
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
『幾何学の起源』序説 J. デリダ, J・デリダ
幾何学の起源 E. フッサール, E・フッサール
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想