マクルーハン理論の展開と応用

竹村健一 著

[目次]

  • マクルーハン理論の展開と応用・目次
  • まえがき
  • I マクルーハンの理論の展開と応用
  • 密着時代の思想 / p11
  • 現地報告-これが「マクルーハンの世界」だ / p27
  • <続>現地報告-これが「マクルーハンの世界」だ / p49
  • 画一製品大量生産時代は終わった / p60
  • 未来のビジネスとは学ぶことである / p79
  • 成長企業が実証するマクルーハン理論 / p87
  • 自動車業界にみるマクルーハン理論の展開 / p111
  • サントリーにみるマクルーハニズム的経営 / p129
  • 「触覚人間」と新しいファッション / p145
  • II テレビ時代に挑む
  • テレビ時代とは素人時代である / p157
  • ニュースショーとは点的思考の産物である / p164
  • 女性化したテレビ / p174
  • テレビはマスレジャーに質的変化を起こした / p181
  • いざの時にたよりになるテレビを / p190
  • 日本の批評はこれでよいか / p197
  • これが報道マンの根性だ / p214
  • これが根性あるタレントだ / p229
  • あとがきに代えて-「マクルーハンの世界」の批判に答える / p239

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 マクルーハン理論の展開と応用
著作者等 McLuhan, Marshall
竹村 健一
書名ヨミ マクルーハン リロン ノ テンカイ ト オウヨウ
書名別名 Makuruhan riron no tenkai to oyo
出版元 講談社
刊行年月 1967
ページ数 253p
大きさ 20cm
NCID BN04836908
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67008967
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想