マクルーハンの世界 : 現代文明の本質とその未来像

竹村健一 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • 第一部 マクルーハンとはどんな男か / p11
  • 一 マーシャル・マクルーハンについて / p13
  • 生い立ち、カソリシズム、ヨーロッパ文学の深い知識 / p13
  • コミュニケーション理論家としての活動 / p18
  • 最高の文明批評家の列に / p22
  • 多彩な最近の著作活動 / p27
  • 前人未踏の探求者として / p31
  • 二 マクルーハンの根本理論 / p37
  • グーテンベルグ文明への訣別 / p37
  • 「視覚型人間」から「触覚型人間」へ / p40
  • メディアが人間を変える / p45
  • テレビ・メディアの途方もない力 / p48
  • 人間の原始への復帰 / p50
  • ホット・メディアとクール・メディア / p55
  • 第二部 マクルーハン、現代のミステリーに挑む / p59
  • 臨床家-予言者マクルーハン / p61
  • 一 なぜアメリカはベトナム戦争に早く勝てないのか? / p62
  • 二 なぜ黒人運動が現在アメリカでこんなにも盛んなのか? / p67
  • 三 なぜ不恰好なフォルクスワーゲンがスマートなアメリカ車に食い込むことができたのだろうか? / p68
  • 四 スポーツカーなのに"ムスタング"はなぜ一般車をしのぐ驚異的売れ行きを示したのか? / p71
  • 五 なぜアメリカ女性は職業よりも家庭を選ぶようになったのか? / p76
  • 六 なぜ現代の女性は奇妙な服装をしたり、髪を短くしたりするのか? / p78
  • 七 なぜファッションは過去のものを絶えず再現するのか? / p79
  • 八 なぜ現代の若者たちは、フリー・セックスを実行しているのか? / p80
  • 九 なぜサッカーが最近人気を得るようになったのか? / p81
  • 一〇 なぜ現代は探偵小説がよく読まれるのか? / p82
  • 一一 現代の青年に青春時代がないといわれるのはなぜか? / p84
  • 一二 もっとも浅薄だと思われていたアメリカの青年の間に、禅など深いものを求める気風が流行しているのはなぜか? / p85
  • 一三 なぜ最近アメリカで「安全カー」がやかましく論じられるようになったのか? / p89
  • 一四 なぜアメリカ人と日本人が、世界でもっとも外国語をしゃべるのが下手な国民なのか? / p92
  • 第三部 マクルーハン、メディアを斬る / p95
  • 新聞・雑誌論 / p97
  • 広告論 / p102
  • 自動車論 / p109
  • 電話論 / p112
  • ラジオ論 / p116
  • 言語論 / p119
  • 都市論 / p121
  • オートメーション論 / p122
  • マクルーハンのアフォリズム / p124
  • 第四部 マクルーハン理論をテレビについて展開する / p129
  • 一 テレビは人間疎外の危機を打開する武器である / p131
  • 知的欲求の増大と現代の危機 / p131
  • 人間の危機打開とテレビの役割 / p136
  • メディアとしてのテレビの本質 / p140
  • テレビは「考え深い人間」をつくる / p145
  • テレビが教育の前面に登場する時代へ / p151
  • 「人間的接触」はテレビでも可能である / p156
  • 二 どんな番組がテレビに適していかる / p161
  • ハップニング-日常性のメディア / p161
  • リアクション・メディア / p166
  • 高い参加性、低い情報量-体験メディア / p170
  • クローズアップ・メディア / p175
  • テレビに適したキャラクター / p179
  • プロセスを追うメディア / p185
  • 「参加性」を生かすテレビ技法 / p190
  • 第五部 マクルーハンを研究する人のために / p193
  • 一 マクルーハン理論の用語 / p195
  • メディアはメッセージなり / p195
  • メディアはマッサージなり / p198
  • ホットとクール / p198
  • エクスプロージョンとインプロージョン / p203
  • 未来の未来は現在にする / p204
  • マスとパブリック / p209
  • ジョッブとロール / p210
  • メディアと環境 / p212
  • 視覚と聴覚 / p214
  • 高定義と低定義 / p216
  • 二 マクルーハン理論の文献 / p217
  • あとがき / p223

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 マクルーハンの世界 : 現代文明の本質とその未来像
著作者等 McLuhan, Marshall
竹村 健一
書名ヨミ マクルーハン ノ セカイ : ゲンダイ ブンメイ ノ ホンシツ ト ソノ ミライゾウ
出版元 講談社
刊行年月 1967
ページ数 226p
大きさ 20cm
NCID BN04836770
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67006983
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想