図説日本人の原郷 : 揚子江流域の少数民族文化を訪ねて

萩原秀三郎 著

日本人の原郷はどこか!?日本に稲を伝えたのは誰か?弥生文化のルーツを求め中国揚子江流域のミャオ族を中心に踏査した10年。著者はその映像と記録によって日本文化の原点に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 天と地を創り、くらしを立てる
  • 第2章 魂を護り、魂を継ぐ
  • 第3章 舟を浮かべ鼓をたたき祖を祀る
  • 第4章 祭で恋も結ばれる
  • 第5章 弥生文化の原郷はどこか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図説日本人の原郷 : 揚子江流域の少数民族文化を訪ねて
著作者等 萩原 秀三郎
書名ヨミ ズセツ ニホンジン ノ ゲンキョウ
出版元 小学館
刊行年月 1990.6
ページ数 238p
大きさ 23cm
ISBN 4096805211
NCID BN04821784
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90039996
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想