日本の風景・西欧の景観 : そして造景の時代

オギュスタン・ベルク 著 ; 篠田勝英 訳

ヨーロッパ近代が生んだ遠近法と中心がたえず移動する日本特有の空間。視線の差異の発見と再発見、野性空間・田園・都市における風景観念の比較を通して、主体-客体2元論たる近代景観論の解体を論じ、ポスト・モダンの風景=<造景の時代>を予見する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人類学的共通基盤
  • 第2章 視線とその変化
  • 第3章 発見と再発見
  • 第4章 野性の空間から自然の風景へ
  • 第5章 田園から田園風景へ
  • 第6章 都市から都市風景へ
  • 第7章 風景の彼方へ-造景の時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の風景・西欧の景観 : そして造景の時代
著作者等 Berque, Augustin
篠田 勝英
ベルク オギュスタン
書名ヨミ ニホン ノ フウケイ セイオウ ノ ケイカン
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1990.6
ページ数 190p
大きさ 18cm
ISBN 4061490079
NCID BN04821456
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90042423
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想