摩擦と革命 : 東欧、脱ソ連化の軌跡

佐瀬昌盛 著

ソ連、東欧の構造変化に世界はどう対応すべきか。東西関係研究の第一人者がいま解き明かす本格的論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ソ連・東欧関係の"2重構造"
  • 第2章 東ドイツ-優等生の失敗
  • 第3章 チェコスロヴァキア-シュヴェイクたちの革命
  • 第4章 ブルガリア-及び腰の宮廷革命
  • 第5章 ルーマニア-起て、飢えたる者よ
  • 第6章 ポーランド-破産の先頭走者
  • 第7章 ハンガリー-歴史と民族の復権
  • 第8章 東欧はどこへ行くか
  • 東欧6カ国党指導者一覧及び略年表

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 摩擦と革命 : 東欧、脱ソ連化の軌跡
著作者等 佐瀬 昌盛
書名ヨミ マサツ ト カクメイ
書名別名 Masatsu to kakumei
出版元 文芸春秋
刊行年月 1990.5
ページ数 419p
大きさ 20cm
ISBN 4163442405
NCID BN04821081
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90035319
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想