ジャパン・プロブレムの原点

中谷巌 著

突出した経済力のために、いまや日本は世界の中の孤児になりつつある。同質社会、透明性の欠加、生産性重視…。構造協議、スーパー301条など、経済摩擦の底にながれる根幹をえぐり「日本型資本主義」の転換を大胆に提言する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 激動する世界と日本
  • 1 「日本型資本主義」の時代?
  • 2 「超」分権国家・日本
  • 3 「透明性」の欠落した社会
  • 4 「生産者重視」の社会
  • 5 「プリ・モダン」の地下水
  • 6 「感情的爆発」の可能性
  • 7 「ロジスティックス」不足の日本
  • 8 援助大国・日本の選択
  • 9 不可欠な日本版「ペレストロイカ」
  • 10 「異分化交流国家」を目指して

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジャパン・プロブレムの原点
著作者等 中谷 巌
書名ヨミ ジャパン プロブレム ノ ゲンテン
書名別名 Japan puroburemu no genten
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1990.6
ページ数 217p
大きさ 18cm
ISBN 4061490036
NCID BN04820486
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90042458
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想