AI白書 : 人工知能の技術と利用  1992

ICOT-JIPDEC AIセンター 編

[目次]

  • 第1編 総論(AI技術の新段階-システム化へ向けて
  • AIの現状と展望)
  • 第2編 わが国AI利用の動向(AIシステムの利用状況
  • 各業界におけるAI利用ビジョン)
  • 第3編 AI技術の動向(全体動向
  • ハイライト技術-大規模知識ベース)
  • 第4編 環境・基盤整備状況(標準化とガイドライン
  • 人材育成
  • 通商産業省のAI関連施策の概要)
  • 第5編 海外の動向(米国
  • 欧州)
  • 資料編('90、'91年のAI関連活動
  • わが国の主要AI関連機関
  • AI利用動向調査集計表)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 AI白書 : 人工知能の技術と利用
著作者等 ICOT-JIPDEC・AIセンター
日本情報処理開発協会
通商産業省機械情報産業局電子政策課
ICOT JIPDEC AIセンター
書名ヨミ エイアイ ハクショ
書名別名 Eiai hakusho
巻冊次 1992
出版元 日本情報処理開発協会
刊行年月 1992.5
ページ数 353p
大きさ 26cm
ISBN 4875661118
NCID BN04817335
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92048783
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想