分子生物学とバイオテクノロジー

山口彦之 著

本書は分子生物学とバイオテクノロジーの応用面について農業、食品、医療など産業界でのかかわりを踏まえ幅広くわかりやすく執筆されたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 微生物遺伝学の成立
  • 2 遺伝子工学入門
  • 3 大腸菌での外来遺伝子の発現
  • 4 酵母での組換え体の発現
  • 5 哺乳動物での組換え体の発現
  • 6 植物バイオテクノロジーと農業
  • 7 遺伝子工学と薬品工業
  • 8 バイオテクノロジーと食品工業
  • 9 分子生物学と医療
  • 10 固定化酵素
  • 11 バイオテクノロジーと化学工業
  • 12 バイオプロセス-タンパク質の大量精製
  • 13 バイオセンサー
  • 14 合成DNA-方法と利用
  • 15 タンパク質工学-酵素の新機能開発

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 分子生物学とバイオテクノロジー
著作者等 山口 彦之
書名ヨミ ブンシ セイブツガク ト バイオテクノロジー
出版元 裳華房
刊行年月 1990.5
ページ数 274p
大きさ 22cm
ISBN 4785358092
NCID BN04810074
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90041275
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想