ソリトンとは何か : くずれない波の謎をさぐる

坪井泰住 著

葛飾北斎の名作『神奈川沖浪裏』に描かれた富士を背景に突っ立つ大波は、サーフィンにはもってこいの波だろう。これこそ<粒子的な孤立波>ソリトンで、ふつうの波とちがい、形や速度を変えずに進み、たがいに衝突してもこわれない。この奇妙で頑固で個性的な波ソリトンは、結晶中のミクロの世界から宇宙のマクロな世界にいたるまで自然界のいろいろなところで見つかっている。血液の流れ、マグマ、ジェット気流、津波、プラズマ、ブラックホール…。本書は、この不思議なソリトンの振舞いやその科学を、ソリトンを使った光通信の話を軸にやさしく解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 超大容量光通信時代の幕開け
  • 第2章 光ソリトン形成のしくみ
  • 第3章 長距離ソリトン光通信
  • 第4章 光ソリトンをつくるには
  • 第5章 光ソリトン研究の歩み
  • 第6章 電気回路のソリトン
  • 第7章 人体とソリトン
  • 第8章 いろいろなソリトン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ソリトンとは何か : くずれない波の謎をさぐる
著作者等 坪井 泰住
書名ヨミ ソリトン トワ ナニカ
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1990.6
ページ数 244, 6p
大きさ 18cm
ISBN 4061328263
NCID BN04809359
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90044218
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想