利益管理

朝川乕二 著

[目次]

  • 目次
  • 序文
  • 第一章 利益管理総論 / p1
  • 第一節 採算経営の意義 / p1
  • 第二節 利益観念 / p4
  • 第三節 利益の計画化 / p9
  • 第二章 経営管理機構 / p17
  • 第一節 管理組織と管理職位 / p17
  • 第二節 最高経営層の管理機能 / p23
  • 第三節 常務会 / p27
  • 第三章 企業と企業性格 / p35
  • 第一節 分業 / p35
  • 第二節 企業性格と管理方式 / p43
  • 第四章 利益管理と利益計画 / p50
  • 第一節 経営方針と利益計画 / p50
  • 第二節 利益計画上の目標 / p61
  • 第三節 利益管理と管理用具 / p74
  • 第五章 資本の循環と利益管理 / p87
  • 第一節 資本の循環による経営活動 / p87
  • 第二節 資本の循環と費用・収益適合率 / p91
  • 第三節 企業予測と費用・収益適合率 / p100
  • 第六章 利益図表による利益管理 / p116
  • 第一節 管理用具としての利益図表 / p116
  • 第二節 利益計画に適用される利益図表 / p134
  • 第三節 販売計画に利用される利益図表 / p152
  • 第四節 合理化に挙用される利益図表 / p161
  • 第七章 資本図表による利益管理 / p178
  • 第一節 資本図表の基となつた資本回転率 / p178
  • 第二節 資本図表の作図とその応用 / p185
  • 第八章 費用・収益適合率による利益管理 / p203
  • 第一節 費用・収益適合率と利益管理 / p203
  • 第二節 利益計画のための費用・収益適合率 / p208
  • 第三節 企業の健全性診断のための費用・収益適合率 / p225
  • 付録 損益分岐点図表理論 / p239
  • (一) 損益分岐点図表の構成 / p241
  • (二) 損益分岐点図表の構図 / p244
  • (三) 損益分岐点図表の作図 / p248
  • (四) 損益分岐点図表の作法 / p255
  • (五) 固定費、変動費の費用分解 / p258
  • (六) 固定費、変動費に関する管理要綱 / p260
  • (七) 推考固定費理論 / p263
  • (八) 売上高趨勢算定式 / p265
  • (九) 健全経営の限界理論 / p266
  • 索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 利益管理
著作者等 朝川 乕二
書名ヨミ リエキ カンリ
シリーズ名 経営全書
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 1956
ページ数 269p
大きさ 18cm
NCID BN04786901
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56013637
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想