大地は荒れはてるか?

小森長生 著

大地震や火山の噴火などによって、大都市での災害がふえています。また、大切な作物をそだてる土地が、大雨によって流されてしまったり、乾そう地帯では、家畜をたくさんふやしたために、草の根までたべられて緑を失ない、砂漠が広がっています。こうした災害の広がりや、土の流失、砂漠化の問題は、人口の増加や人間の活動とどうつながっているのでしょうか。この本では、大地を中心に生きている地球の姿を紹介しながら、人間がいかに自然を変えてきたか、それによって何がおこっているかをさぐってみました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 火をふく大地、ゆれる大地
  • 2 たえまなく変化する地球
  • 3 人間が変える大地のすがた
  • 4 安心してすめる大地に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大地は荒れはてるか?
著作者等 小森 長生
書名ヨミ ダイチ ワ アレハテルカ
シリーズ名 地球の健康診断 3
出版元 草土文化
刊行年月 1994.4
ページ数 62p
大きさ 27cm
ISBN 479450361X
NCID BN0478133X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95017873
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想