ロシア教会史

N.M.ニコリスキー 著 ; 宮本延治 訳

教会は「神の造り賜うた組織」ではなく、歴史的な過程を通してなんらの「超自然的な導き手」も「先験的な起動力」も持つものではない。むしろロシアの国民大衆を精神的にも経済的にも抑圧し続けた封建的な機構として存在したという社会的な意味づけを、具体的な歴史資料に基づいて証明する唯一不朽の名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • キリスト教の伝来と教会組織
  • 分領封建時代の宗教と教会
  • 封建的教会の危機とモスクワの中央集権化
  • ニコンの改革と分離派の始まり
  • 17世紀後半の宗教的社会運動
  • 農奴制時代の国家教会
  • 商業資本とする古儀式派
  • 農奴制時代の諸分派の活動
  • 工業資本を地盤とする古儀式派と去勢派
  • 農奴解放後の分派活動
  • 国家教会の危機

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロシア教会史
著作者等 Nikolsky, N. M
Nikolʹskiĭ, N. M.
宮本 延治
ニコリスキー N.M.
書名ヨミ ロシア キョウカイシ
書名別名 История русской церк ви
出版元 恒文社
刊行年月 1990.6
ページ数 523p
大きさ 22cm
ISBN 4770407009
NCID BN0477773X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90042333
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想