暗黒星雲からブラックホールへ

Jayant V.Narlikar 著 ; 米山忠興, 浦田健二 共訳

広大な宇宙では、いま、暗黒の雲の中から新しい星が誕生し、一方別の星はブラックホールとなって一生を終えようとしています。地球上には、これら無数の星々の誕生、生長、死滅の情報が光となって届いているのです。この本は、これら多くの情報によって解きあかされた星の一生について、超新星や白色矮星、パルサーやクエーサーなど、現代天文学、宇宙科学の最もホットな話題をおりまぜながら、やさしく解説したものです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 恒星と人間
  • 2 光-情報の宝庫
  • 3 恒星の統計
  • 4 恒星まではどのくらい遠いのか?
  • 5 恒星の誕生
  • 6 恒星のエネルギー
  • 7 核融合反応炉としての恒星
  • 8 爆発する恒星
  • 9 非常に高密度な恒星たち
  • 10 ブラックホール
  • 11 残された問題点
  • 付録 10の冪乗と対数

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 暗黒星雲からブラックホールへ
著作者等 Narlikar, Jayant Vishnu
浦田 健二
米山 忠興
ナーリカー ジャヤント
書名ヨミ アンコク セイウン カラ ブラック ホール エ
書名別名 From black clouds to black holes

Ankoku seiun kara burakku horu e
シリーズ名 Frontier science series 29
出版元 丸善
刊行年月 1990.5
ページ数 192p
大きさ 19cm
ISBN 4621034804
NCID BN04776351
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90041262
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想