日本村落史講座  第7巻 (生活 2 近世)

日本村落史講座編集委員会 編

近世の村人が村落共同体の中で,衣食住をふくみ日々どのように暮らしていたか、トータルな形で把え、地域史に根ざして、より具体的に描くことによって、村落生活の全体像に迫らんとするとともに、民俗学・文化人類学など関連諸学を援用して、村落生活史研究に新しい枠組みを用意する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 近世の農民生活-庄屋の交遊関係から
  • 2 生産と労働(農業の発展と村落
  • 山村の生産活動と村落生活の諸相-飛騨・小八賀郷を中心に)
  • 3 村落組織と日常生活(家族と親族
  • 村落組織と集団
  • 衣・食・住
  • 村落の歳時記
  • 村人の一生-武蔵国荏原郡太子堂村の事例
  • 不行跡者と博奕打-村の悪党をめぐって)
  • 4 近世村落の生活文化(墓・寺・先祖
  • 氏神祭祀と祭り
  • 読み書きと村落文化
  • 村人の遊びと旅)
  • 5 町と村
  • 6 近世村落の変質
  • 7 アイヌ村落と沖縄村落(アイヌ村落
  • 沖縄村落-首里王府の基本政策と村落の階層分化)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本村落史講座
著作者等 日本村落史講座編集委員会
書名ヨミ ニホン ソンラクシ コウザ
書名別名 生活
巻冊次 第7巻 (生活 2 近世)
出版元 雄山閣
刊行年月 1990.5
ページ数 334p
大きさ 22cm
ISBN 4639009569
NCID BN04774935
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90036357
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想