ソドムの百二十日

マルキ・ド・サド 著 ; 佐藤晴夫 訳

男色、小児愛、老人愛、近親相姦、獣姦、屍体愛、スカトロジー、嗜虐、フェティシスムと、強靱な構想力によって、人間の深層にひそむ性の異常を描きつくしたサド文学の代表作。ロマン主義の先駆、フロイト及びシュルレアリスムの祖として位置づけられるサドの形而上学の原点となった大作の完全翻訳。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ソドムの百二十日
著作者等 Sade, Donatien Alphonse François, marquis de
Sade, marquis de
佐藤 晴夫
サド マルキ・ド
書名ヨミ ソドム ノ ヒャク ニジュウニチ
書名別名 Les 120 Journées de Sodome ou l'Ecole du libertinage

Sodomu no hyaku nijunichi
出版元 青土社
刊行年月 1990.6
ページ数 449p
大きさ 22cm
ISBN 4791750837
NCID BN04754268
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90044724
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想