フィヒテーシェリング往復書簡

座小田豊, 後藤嘉也 訳

<主観性>の理解および<絶対的なもの>の認識可能性を主題として問い、18世紀末から19世紀初頭にかけて展開された。哲学史上比類のない意義をもった思索と論争のドキュメント。ドイツ観念論の,壮大かつ深遠な思想の構築現場が示される。ワルター・シュルツによる詳細な解説を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • フィヒテとシェリングの往復書簡-まえがき
  • フィヒテとシェリングの哲学的展開の概要
  • フィヒテ‐シェリング往復書簡

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フィヒテーシェリング往復書簡
著作者等 Fichte, Johann Gottlieb
Schelling, Friedrich Wilhelm Joseph von
Schulz, Walter
座小田 豊
後藤 嘉也
シェリング
シュルツ ワルター
フィヒテ
書名ヨミ フィヒテ シェリング オウフク ショカン
書名別名 Fichte-Schelling Briefwechsel
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 295
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1990.5
ページ数 213p
大きさ 20cm
ISBN 4588002953
NCID BN04754177
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90040853
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想