人づくり風土記 : 全国の伝承・江戸時代  18 (ふるさとの人と知恵・福井)

加藤秀俊 ほか編纂

若狭湾の豊かな漁獲は、流通路である街道の発展をうながし、永平寺の威光は、門前の村々に及んだ。自然資源に恵まれた地に江戸時代、藩や人びとが花開かせた教育システムとは-。海商の家訓に、藩の洋学所に、時代を超えた知恵を求めて。丹念に聞き書き編んだ、福井県の人づくり続本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 前章 近世の福井 その地域振興の足どり(越路の玄関口にみる先進性
  • 北陸真宗と曹洞禅の培ったもの ほか)
  • 第1章 自治と助け合いの中で(永平寺門前大工村
  • 浦見川開削-偉業を成遂げた行方久兵衛
  • 大野藩の北蝦夷地開拓-藩主土井利忠と側近たちの努力 ほか)
  • 第2章 生業の振興と継承の中で(若狭の伝統工芸
  • 越前鎌 ほか)
  • 第3章 地域社会の教育システムの中で(永平寺
  • 藩校順造館
  • 橘曙覧
  • 福井藩校明道館 ほか)
  • 第4章 子育てと家庭経営の知恵(水海の田楽能舞
  • 矢代の手杵祭 ほか)
  • 第5章 地域おこしに尽くした先駆者(松木庄左衛門
  • 女流俳人哥川
  • 杉田玄白と中川淳庵
  • 伴信友
  • 林毛川
  • 福井藩医笠原白翁
  • 橋本左内
  • 由利公正)
  • 資料編 福井(江戸時代50科漂流物語-鎖国下の漂流民の運命
  • 福井の江戸時代年表
  • 江戸時代福井の物産地図
  • 江戸時代福井の主な文献資料)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人づくり風土記 : 全国の伝承・江戸時代
著作者等 佐々木 俊介
加藤 秀俊
吉田 豊
石川 松太郎
稲垣 史生
谷川 健一
書名ヨミ ヒトズクリ フドキ
書名別名 ふるさとの人と知恵・福井
シリーズ名 聞き書きによる知恵シリーズ
巻冊次 18 (ふるさとの人と知恵・福井)
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 1990.6
ページ数 372p
大きさ 27cm
ISBN 4540900102
NCID BN04753618
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90043866
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想