陪審裁判を考える : 法廷にみる日米文化比較

丸田隆 著

日本でも、昭和初期に15年間施行されたことがあるとはいえ、陪審裁判への不安や抵抗感は、未だ根強いといわざるを得ない。しかし、いまや、市民の司法参加という観点から、是非論を超えた陪審制度の検討が必要ではないだろうか。本書は日本の現行裁判制度の問題点を探りつつ、アメリカの陪審裁判の実際と比較し、さらに、かつて日本の陪審法がなぜ定着できなかったのかを、具体的な資料によって跡づけようとするものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本の裁判はうまくいっているか
  • 第2章 アメリカの陪審裁判はうまくいっているか
  • 第3章 陪審裁判はどのようにおこなわれるか-マサチューセッツ州刑事法廷の三日間
  • 第4章 日本の陪審制度はなぜ根づかなかったか
  • 第5章 陪審に何が可能か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 陪審裁判を考える : 法廷にみる日米文化比較
著作者等 丸田 隆
書名ヨミ バイシン サイバン オ カンガエル
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1990.5
ページ数 200p
大きさ 18cm
ISBN 412100972X
NCID BN04752171
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90052680
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想