沙門空海

渡辺照宏, 宮坂宥勝 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき
  • 第一章 生きている空海
  • 高野山奥の院 / p3
  • 弘法大師伝 / p5
  • 問題点-資料の取り扱いかた- / p16
  • 第二章 幼少年時代
  • その頃 / p20
  • 佐伯一族 / p24
  • 第三章 三教指帰の述作
  • 大学時代 / p31
  • 山岳修行者 / p34
  • 第四章 入唐まで-二十代の空海-
  • 空海伝の謎 / p46
  • 入唐の準備 / p53
  • 第五章 唐における空海
  • 出発より福州到着まで / p63
  • 長安の日々 / p72
  • 帰朝 / p87
  • 第六章 帰国後、何をしたか
  • 九州太宰府時代 / p94
  • 高雄山寺まで / p98
  • 第七章 高雄山時代
  • 高雄山潅頂の意義-最澄との出会い- / p102
  • 天皇と貴族と南都の人びと / p115
  • 第八章 高野山の開創
  • 開創に至るまでの事情 / p137
  • 開創前後 / p142
  • 第九章 東寺の経営
  • 東寺の国家的意義 / p156
  • 東寺を中心とした活動 / p165
  • 第十章 社会的活動
  • 治水事業 / p170
  • わが国最初の庶民学校の創設 / p174
  • 第十一章 教団と弟子たち
  • 弟子たち / p180
  • 空海をめぐる人びと / p185
  • 最澄と空海 / p189
  • 第十二章 文筆活動
  • 密教書の著述 / p195
  • 多彩な文芸活動 / p200
  • 第十三章 高野山における入定
  • 晩年 / p208
  • 入定信仰 / p219
  • 第十四章 日本仏教史上より見た空海 / p225
  • 本文における引用文の原文・出典 / p239
  • 空海関係の現存物一覧表 / p253
  • 参考文献 / p257
  • 空海略年譜 / p261
  • あとがき / p283

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 沙門空海
著作者等 宮坂 宥勝
渡辺 照宏
書名ヨミ シャモン クウカイ
書名別名 Shamon kukai
シリーズ名 筑摩叢書
出版元 筑摩書房
刊行年月 1967
ページ数 285p 図版
大きさ 19cm
ISBN 448001084X
NCID BN04738680
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67001922
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想