日本化学工業史

中村忠一 著

[目次]

  • 目次
  • 推選のことば / p3
  • はしがき / p5
  • 第一章 日清戦争以前の日本化学工業の状態 / p1
  • 第一節 軍工廠と火薬生産 / p1
  • 第二節 官営工場の創設とその技術 / p3
  • 第三節 近代化学工業と軍・官工場の役割 / p5
  • 第四節 民間工場とその技術 / p7
  • 第五節 化学技術確立への道とその問題 / p12
  • 第二章 明治後期から第一次大戦前の日本化学工業の状態 / p15
  • 第一節 近代無機化学工業の発生とその技術的発達 / p15
  • 第二節 近代有機化学工業の萌芽的展開 / p25
  • 第三節 化学技術の自主的発達への道とその諸問題 / p34
  • 第三章 第一次大戦から世界恐慌期までの日本化学工業の発達 / p41
  • 第一節 近代無機化学工業の成立と展開 / p41
  • 第二節 近代有機化学工業の成立とその技術 / p53
  • 第三節 化学技術の確立と若干の問題点 / p73
  • 第四章 終戦までの日本化学工業の発達 / p81
  • 第一節 無機化学工業とその技術的発達 / p81
  • 第二節 有機化学工業とその技術的発達 / p105
  • 第五章 日本化学工業の発達とその自主性の欠如--戦後の化学技術再編の立遅れとその理解のために-- / p140
  • 第一節 問題の所在 / p140
  • 第二節 化学技術と戦争 / p140
  • 第三節 研究体制と研究機関の運営 / p146
  • 第四節 化学的機械装置の製作とその技術水準 / p149
  • 第五節 化学技術者の教育とその技術水準 / p158
  • 第六節 職工の技術水準 / p161
  • 第七節 企業整備と戦災被害 / p163
  • 第六章 技術革新と独創的化学技術 / p170
  • 第一節 戦後の独創的化学技術 / p170
  • 第二節 化学技術の研究体制 / p183
  • 第三節 化学工業と化学機械工業 / p195
  • 第七章 戦後における日本化学工業の再編とその技術の外国依存 / p202
  • 第一節 技術導入と化学工業 / p202
  • 第二節 化学工業諸部門の再編成と外国技術 / p203
  • 第八章 技術革新と技術導入における諸問題 / p238
  • 第一節 技術導入の条件 / p238
  • 第二節 技術提携とその効果 / p244
  • 第三節 日本化学工業の自主的発達とその方向--石油化学と石炭化学の連関-- / p251
  • 第四節 オートメーションと労働者 / p255
  • 事項・表・図索引 / 巻末

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本化学工業史
著作者等 中村 忠一
書名ヨミ ニホン カガク コウギョウシ
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 1959
ページ数 259p
大きさ 22cm
NCID BN04737790
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
59004166
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想