女流日記文学講座  第5巻 (とはずがたり・中世女流日記文学の世界)

石原昭平 ほか編

中世の宮廷社会の中で愛と性に翻弄されて波乱の生涯を送った美しき女性。その日記文学にさまざまな視点からアプローチした決定的な論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 女流日記文学における『とはずがたり』の位置
  • 『とはずがたり』における和歌と表現
  • 『とはずがたり』における構想と執筆意図
  • 『とはずがたり』の虚構性をめぐって
  • 『とはずがたり』における『源氏物語』
  • 『とはずがたり』における西行と二条
  • 『とはずがたり』における愛欲と出家
  • 『とはずがたり』の旅と人生
  • 『とはずがたり』と宮廷社会-歴史的背景
  • 『とはずがたり』における二条
  • 『とはずがたり』における後深草院
  • 『とはずがたり』における有明の月
  • 『とはずがたり』の世界への窓
  • 『とはずがたり』研究の展望と問題点
  • 『とはずがたり』参考文献
  • 『たまきはる』
  • 『十六夜日記』
  • 『中務内侍日記』
  • 『弁内侍日記』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女流日記文学講座
著作者等 石原 昭平
津本 信博
西沢 正史
石原昭平ほか
書名ヨミ ジョリュウ ニッキ ブンガク コウザ
書名別名 とはずがたり・中世女流日記文学の世界
シリーズ名 とはずがたり
巻冊次 第5巻 (とはずがたり・中世女流日記文学の世界)
出版元 勉誠社
刊行年月 1990.5
ページ数 375p
大きさ 20cm
ISBN 4585010157
NCID BN04736459
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91047188
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想