素粒子を探る

高木修二, 川口正昭 著

[目次]

  • もくじ
  • まえがき / p3
  • 序章 アトムから素粒子へ / p9
  • 原子核研究のあけぼの / p10
  • 中間子の発見から素粒子物理学へ / p23
  • 第I章 素粒子を人間の手で作る -加速器- / p33
  • I‐1 加速器の発達-中間子の人工生成まで- / p34
  • I‐2 より高いエネルギーへ -新粒子と陽子シンクロトロン- / p44
  • I‐3 核子の大きさを調べる-電子線型加速器- / p54
  • 第II章 素粒子の性質 / p61
  • II‐1 素粒子とは / p62
  • II‐2 素粒子の相互作用 / p71
  • II‐3 ぞくぞく登場する新粒子 -中野・西島・ゲルマンの理論- / p77
  • II‐4 反粒子 / p85
  • II‐5 次々にこわされる保存則 / p90
  • II‐6 素粒子の共鳴状態 / p100
  • II‐7 素粒子の分類学 / p106
  • II‐8 完全実験 / p114
  • 第III章 素粒子の性質をどうして調べるか -測定器- / p119
  • III‐1 中間子はどのようにして宇宙線の中で測られたか / p120
  • III‐2 素粒子の測定器 / p125
  • III‐3 加速器による実験 / p135
  • III‐4 泡箱の現状と将来性 / p141
  • III‐5 放電箱 / p150
  • III‐6 固体物理学の応用 / p157
  • III‐7 まと / p162
  • 第IV章 これからどうなるか / p167
  • IV‐1 加速器 / p168
  • IV‐2 加速器から見た各国の計画 / p178
  • IV‐3 天然の大加速器"宇宙" / p192
  • IV‐4 関連分野の進歩 / p201
  • IV‐5 加速器はなくてもノーベル賞はもらえるが / p205
  • IV‐6 ふたたび、素粒子とは? / p210
  • おわりに / p212

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 素粒子を探る
著作者等 川口 正昭
高木 修二
書名ヨミ ソリュウシ オ サグル
シリーズ名 NHKブックス ; 59
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1967
ページ数 212p
大きさ 18cm
NCID BN04734668
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67006909
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想