高温物性と新しい材料

K.A.グラードコフ, A.E.ニケロフ 著 ; 三田洋二 訳

[目次]

  • 目次
  • 訳者まえがき
  • 第1部 温度と圧力の世界で カ・ア・グラードコフ
  • 1. はじめに / p9
  • 2. 熱と生命 / p10
  • 3. 熱とはなにか / p17
  • 4. 温度の最も近い《親類》--真空と圧力 / p21
  • 5. 極低温への道 / p27
  • 6. 火と燃焼 / p36
  • 7. どこへどのように熱を保つべきか / p38
  • 8. どこで化学は終わるか / p45
  • 9. プラズマ--物質の第4の状態 / p49
  • 10. 宇宙の尺度での温度 / p55
  • 11. 付録 / p65
  • 第2部 熱耐久化合物と新しい技術における役割 ア・エ・ニケロフ
  • まえおき / p71
  • I. 熱耐久・熱安定材料の分類
  • 1. 熱耐久・熱安定材料とは / p73
  • 2. 金属と合金 / p74
  • 3. 熱耐久・熱安定酸化物 / p78
  • 4. グラファイトをもとにした材料 / p80
  • 5. 熱耐久・熱安定炭化物と窒化物 / p82
  • 6. 金属セラミック合金 / p86
  • 7. ホウ化物,ケイ化物,硫化物 / p87
  • II. 熱耐久・熱安定化合物の合成
  • 8. 最も一般的な方法 / p90
  • 9. 骨格構造法 / p92
  • 10. 合成の際に生ずる困難 / p94
  • 11. 化学量論則と最新の方程式化 / p97
  • 12. 結論 / p103
  • III. 温度とその測定法
  • 13. 高温とはどれだけ《高い》温度をいうのか / p105
  • 14. 温度目盛 / p105
  • 15. 熱電対 / p110
  • 16. 抵抗温度計 / p112
  • 17. 輻射温度測定法 / p113
  • 18. ノイズ温度計 / p117
  • IV. 高温の獲得
  • 19. 抵抗炉と誘導炉 / p120
  • 20. 電気アーク炉 / p122
  • 21. 電子ビーム融解 / p124
  • 22. 太陽炉 / p125
  • 23. アーク反射炉 / p129
  • 24. 非常な高温はどのようにして得るか / p130
  • V. 熱耐久・熱安定物質の応用
  • 25. 航空およびロケット技術 / p131
  • 26. 原子工学 / p134
  • 27. 金属セラミック合金の応用 / p136
  • 28. 炭化ケイ素の応用 / p138
  • 29. 高圧での熱耐久化合物の応用 / p138
  • 索引 / p141

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 高温物性と新しい材料
著作者等 Gladkov, Kirill Aleksandrovich
Nikerov, Aleksandr Emanuilovich
三田 洋二
A.E.ニケロフ
K.A.グラードコフ
書名ヨミ コウオン ブッセイ ト アタラシイ ザイリョウ
シリーズ名 科学普及新書
出版元 東京図書
刊行年月 1968
ページ数 144p
大きさ 19cm
NCID BN0473271X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68004515
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想