昔からあった日本のベッド

小川光暘 著

[目次]

  • 1 古代(昔からあった日本のベッド
  • 床はベッドか
  • 古代のベッド・チェインバー
  • 寝る小道具
  • フスマという名の掛蒲団
  • 枕と夢)
  • 2 中世(寝殿造りのベッド
  • キヌギヌの別れ
  • 王朝貴族の就寝風俗
  • タタミとムシロ
  • フスマとヒタタレ
  • 扇面写経に描かれた男女の添寝
  • 塗篭と納戸と床の間
  • 室町時代の寝具)
  • 3 近世(秀吉のベッド
  • 蒲団の出現
  • 夜着の発生
  • 夜具、フトンの流行
  • シキフスマと紙フスマ
  • 遊廓のフトン
  • フトン着て寝る
  • 蚊屋の話
  • 片袖夜着天徳寺炬燵)
  • 4 近代(文明開化と寝具
  • 生活改善運動のてんまつ
  • 毛布とシーツ
  • わた屋からふとん屋へ
  • 寝具革命
  • 寝具と睡眠の科学
  • 健康寝具と高級寝具)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昔からあった日本のベッド
著作者等 小川 光暘
書名ヨミ ムカシ カラ アッタ ニホン ノ ベッド
書名別名 日本の寝具史

Mukashi kara atta nihon no beddo
出版元 Edition Wacoal
刊行年月 1990.4
ページ数 203p
大きさ 22cm
ISBN 4900544078
NCID BN04720867
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90035469
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想