イタリア政治経済大観

A.チシュカ 著 ; 白谷忠三 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 譯者のことば / 1
  • 第一篇 イタリア發展の精神的・組織的前提
  • 第一章 ファシズム小史 / 7
  • 十九世紀後半における農民運動とファシズムの發生
  • ムッソリニの出現
  • 世界大戰後の混亂
  • ファシズムの勝利
  • 第二章 ファシズム、敎會、王室 / 24
  • 法王の勢力
  • 法王と政府の反目
  • ムッソリニと法王との提携
  • 法王の世界的勢力
  • 王室とファシズム
  • 第三章 職能組合國家 / 52
  • 階級鬪爭から勞働平和へ
  • 勞働憲章
  • 戰後の勞働不安
  • ファシスト勞働組合運動
  • 職能組合の意義とその組織
  • ファシズムの經濟統制
  • 信用統制
  • 產業統制
  • 貿易統制
  • 職能組合省
  • 第四章 ファシスト政府の原動力 / 92
  • 階層制度
  • ムッソリニとその思想
  • マキアヴェリとソレル
  • チアノ
  • アロイジ
  • グランヂ
  • スタラツェ
  • イタリアの原動力
  • 第五章 イタリアの人口・移民問題 / 113
  • イタリア膨脹の原動力としての人口問題
  • 數の力
  • 資本の力に對する勞働の力
  • 南米における英米の資本力とイタリアの勞働力
  • 英米のイタリア移民排斥
  • コルフ島事件
  • イタリアの人口增殖運動
  • 第二篇 イタリアの物質的力
  • 第六章 食料資源と原料資源 / 141
  • イタリアの農業
  • 商工業偏重主義
  • イタリアの農業振興策
  • 森林監視隊
  • 開墾事業
  • 穀物鬪爭
  • 農村文化事業
  • イタリアの原料資源
  • 持たざる國イタリア
  • 石油問題
  • 經濟封鎻とイタリア
  • 石炭の代用品としての水と電光と火山
  • 化學工業と輸出工業
  • 『モンテカチニ』會社
  • 化學工業とアウタルキー
  • 繊維工業の發達
  • 輸出工業
  • 第七章 イタリアの軍備 / 210
  • イタリアの空軍と陸軍
  • 海軍か空軍か
  • イタロ・バルボ
  • イタリア空軍の驚異的發展
  • 民間航空
  • イタリア陸軍の特徵
  • 植民地軍の編成
  • イタリアの海軍
  • 列國の海軍とイタリア海軍
  • イタリア海軍の特徵
  • イタリアの商船隊
  • マルタとジブラルタルとスエズ、イタリア勢力の限界
  • 第三篇 イタリアの國際的地位
  • 第八章 アドリア海と地中海の勢力關係 / 259
  • バルカンと「ラテン姉妹國」に對するローマの態度
  • アドリア海制覇の鍵、アルバニア
  • 東部地中海のイタリア領、エーゲ諸島
  • ヴェニゼロスの島、クリート島
  • スペインとバレアリック諸島
  • 佛伊關係
  • 第九章 リビア、エヂプトへの飛板、エチオピアへの通路? / 313
  • トリポリとキレナイカの意義
  • リビア植民地建設の苦心
  • リビアの戰略的地位
  • イタリアと有色人種
  • イタリアとイスラム
  • 近東へのイタリアの進出
  • イタリア植民地の特徵
  • 第十章 イタリア領東アフリカ / 349
  • エチオピア帝國の可能性
  • イタリアの對エチオピア工作史
  • ツァナ湖を繞る英伊の角遂
  • 伊エ戰爭
  • 東アフリカへの移民とその經濟開發
  • 附錄 參考文獻 / 389

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 イタリア政治経済大観
著作者等 Zischka, Anton
白谷 忠三
A.チシュカ
書名ヨミ イタリア セイジ ケイザイ タイカン
出版元 清和書店
刊行年月 昭13
ページ数 397p
大きさ 19cm
NCID BN04720674
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47035081
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想