概説韓国経済

渡辺利夫 編

乏しい資源と深い植民地支配の傷跡に苦しむ韓国は、先進国への依存・従属から出発し、それをテコとして大きく成長した。今、先進国の仲間入りさえ果たそうとし、開発途上国のシンボリックな成功モデルとなった韓国経済の現状を余すところなく紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 韓国の経済発展をどう捉えるか-従属から自立へ
  • 第2章 成長の前史-日帝36年と解放の時代
  • 第3章 成長の軌跡-開発計画と経済成長
  • 第4章 産業構造と産業政策-高度産業社会の創生
  • 第5章 外国貿易と工業化戦略-漢江の軌跡の原動力
  • 第6章 企業行動と財閥-韓国社会と韓国的経営の特質
  • 第7章 財政金融政策-開発支援からの脱皮
  • 第8章 経済成長と階層-韓国社会の矛盾と葛藤
  • 第9章 農業近代化の苦闘-「春窮」から豊かな農村へ
  • 第10章 海外直接投資の進展-貿易立国から投資立国へ
  • 第11章 援助供与国への転換-国際化への新たな対応
  • 第12章 先進国への道と課題-産業民主主義は可能か
  • 第13章 経済発展の南北比較-格差は拡大するか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 概説韓国経済
著作者等 渡辺 利夫
書名ヨミ ガイセツ カンコク ケイザイ
シリーズ名 有斐閣選書
出版元 有斐閣
刊行年月 1990.5
ページ数 284, 5p
大きさ 19cm
ISBN 464118139X
NCID BN04719857
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90039830
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想