満洲国史通論

稲葉岩吉 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 卷首圖版(ダンヴィルd'Anuville滿洲古地圖西紀一七三七年印)
  • 前編
  • 第一節 史觀と情操 / 1
  • 第二節 歷史と地理 / 3
  • 第三節 滿洲國史の時代區分 / 19
  • 本編
  • 第一章 民族の原始
  • 第一節 肅愼 / 25
  • 第二節 夫餘族の神話 / 28
  • 第三節 破走せる東胡 / 33
  • 第四節 古朝鮮 / 38
  • 第五節 匈奴 / 42
  • 第六節 匈奴の左腕的勢力 / 46
  • 第七節 漢四郡問題 / 49
  • 第八節 樂浪郡開設と日本 / 53
  • 第二章 民族の成長
  • 第一節 夫餘の政治及び法俗 / 60
  • 第二節 烏丸及び鮮卑 / 65
  • 第三節 高句麗の國家創成 / 71
  • 第四節 初期の高句麗國 / 74
  • 第五節 濊・沃沮・ 挹婁等 / 77
  • 第六節 高句麗の通吳 / 82
  • 第七節 漢魏外交と印綬 / 89
  • 第八節 麗魏關係と日本 / 92
  • 第九節 鮮卑慕容氏遼西に起る / 96
  • 第三章 民族の發展(上)
  • 第一節 高句麗大いに起る / 104
  • 第二節 麗隋戰爭及び日本 / 128
  • 第三節 渤海國創建 / 143
  • 第四章 民族の發展(中)
  • 第一節 契丹の八部統合 / 157
  • 第二節 契丹人の生活 / 174
  • 第三節 燕雲の割取 / 178
  • 第四節 二元體系の政治 / 182
  • 第五節 遼宋關係と女眞 / 186
  • 第五章 民族の發展(下)
  • 第一節 金國興隆す / 192
  • 第二節 女眞人の生活 / 202
  • 第三節 金人の伐宋と漢人 / 207
  • 第六章 民族の新生
  • 第一節 蒙古民族 / 224
  • 第二節 蒙麗關係 / 241
  • 第三節 元の滿鮮統治 / 253
  • 第四節 明初の東北經略 / 260
  • 第五節 日明戰爭の影響 / 280
  • 第七章 民族發展の復現
  • 第一節 淸太祖建州に起る / 285
  • 第二節 薩爾滸山の戰 / 291
  • 第三節 淸の第二次開國 / 299
  • 第四節 北京遷都 / 308
  • 第五節 康煕大帝の中原平定 / 315
  • 第六節 滿洲封禁政策 / 322
  • 第七節 封禁の破綻 / 347
  • 建國前紀
  • 第一節 愛琿條約 / 359
  • 第二節 實邊 / 364
  • 第三節 日淸戰爭(甲午之役)及び直後 / 373
  • 第四節 蒙古問題 / 382
  • 第五節 日露戰爭 / 386

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 満洲国史通論
著作者等 稲葉 岩吉
書名ヨミ マンシュウ コクシ ツウロン
出版元 日本評論社
刊行年月 1940
ページ数 393p 図版12枚 地図
大きさ 23cm
NCID BN04717013
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60009605
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想