オッカムの言語哲学

清水哲郎 著

中世哲学研究のゲットーを出て、オッカムを現代に接続する。<ものと言葉とが重なり合ったまま現われてくる事態>の記述へ。唯名論の基底。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 現前することへ(記号
  • 代表
  • 直覚知)
  • 第2部 現前しないことへ(時間
  • 様相
  • 非存性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オッカムの言語哲学
著作者等 清水 哲郎
書名ヨミ オッカム ノ ゲンゴ テツガク
出版元 勁草書房
刊行年月 1990.5
ページ数 309, 14p
大きさ 22cm
ISBN 4326100850
NCID BN04711800
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90040373
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想