菅江真澄の旅と日記

内田武志 著

世俗に抵抗する反逆。天明三年生地三河を発ち、秋田の地に没するまでの46年間に厖大な日記・随筆・記録・スケッチを残した謎の大旅行家・菅江真澄の足跡をさぐり、菅江真澄の全貌を明かした待望の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 伊那の中路
  • わがこころ
  • くめじの橋
  • 越後の旅
  • 秋田のかりね
  • 小野のふるさと
  • 外が浜風
  • けふのせば布
  • かすむ駒形
  • はしわの若葉
  • 仙台の旅
  • 粉本稿
  • 凡国異器
  • 和歌秘伝書
  • 雪の胆沢辺〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 伊那の中路
  • わがこころ
  • くめじの橋
  • 越後の旅
  • 秋田のかりね
  • 小野のふるさと
  • 秋田のかりね続
  • 外が浜風
  • けふのせば布
  • かすむ駒形〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 菅江真澄の旅と日記
著作者等 内田 武志
書名ヨミ スガエ マスミ ノ タビ ト ニッキ
出版元 未来社
刊行年月 1970
版表示 新装版
ページ数 292p (図版共)
大きさ 19cm
ISBN 978-4-624-11024-6
NCID BN0470965X
BN06230042
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
73000791
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想