自由と権利の法構造

戒能通孝 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき
  • 第一部 市民社会と法の支配 / p1
  • 「法の支配」の一般的課題 / p3
  • 市民法と社会法 / p13
  • 法と道徳 / p32
  • 私法と公法における通説 / p57
  • 法の解釈者とその責任 / p69
  • 行政法および行政法学への疑問 / p84
  • 第二部 基本的市民権 / p95
  • 違憲の政治と違憲の法律 / p97
  • 消え去りゆく改憲理由による改憲論 / p105
  • 戦前における治安立法体系 / p118
  • 基本的人権-自由権的基本権 / p134
  • 思想の自由-その理念と条件と / p149
  • 放送と言論 / p169
  • 学問の自由と大学の自由 / p182
  • 福祉国家論の非福祉的機能 / p194
  • 第三部 民法におらわれた市民権の投影像 / p203
  • 民法における親切と不親切 / p205
  • 人格権と権利侵害の類型化 / p218
  • 権利の実現を阻むもの / p233
  • 権利乱用とニューサンス / p248
  • 約款と契約 / p265
  • 民法と家事調停 / p276
  • 判例研究の目的 / p292

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 自由と権利の法構造
著作者等 戒能 通孝
書名ヨミ ジユウ ト ケンリ ノ ホウ コウゾウ
出版元 日本評論社
刊行年月 1965
ページ数 301p
大きさ 22cm
NCID BN04707858
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
65007148
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想