鳥の手帖

尚学図書言語研究所 編

江戸時代後期に隆盛を見た日本の博物学は、日本人の手になる多くの博物画を産み出しました。その中でも鳥を描いたものは、精密さの点で他に類を見ないと言われています。『梅園禽譜』はその代表的なものです。一般には目にすることのむずかしいこの図譜から採録した図版を中心に、身近な鳥を集めてこの本をまとめました。それぞれの項目には、古今の文献から採集した用例文を添え、季語・異名も掲げて詩歌や俳句などを作る方のための便も図りました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 留鳥
  • 漂鳥
  • 夏鳥
  • 冬鳥
  • 旅鳥
  • 飼鳥

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鳥の手帖
著作者等 尚学図書
書名ヨミ トリ ノ テチョウ
書名別名 江戸時代の図譜と文献例でつづる鳥の歳時記

Tori no techo
出版元 小学館
刊行年月 1990.4
ページ数 208, 8p
大きさ 22cm
ISBN 4095040610
NCID BN04703868
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90028383
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想