アイヌ学の夜明け

梅原猛, 藤村久和 編

従来、日本文化研究の埓外におかれていたアイヌ文化を、日本文化の構造の一翼を担う基層文化としてとらえ、"アイヌ学"を提唱する梅原・藤村両氏のアイヌ研究総集編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本学の方法-アイヌと沖縄の視点から
  • アイヌ研究の可能性
  • 座談会を読んで
  • アイヌの古老に訊く
  • 日本語の成立をめぐって
  • 昭和十年代の二風谷-アイヌ研究の回想
  • アイヌ語と日本語
  • 日本語の祖語をさぐる(シンポジウム)
  • "アイヌ学"の課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アイヌ学の夜明け
著作者等 Kreiner, Josef
Maraini, Fosco
Refsing, Kirsten
Slawik, Alexander
中川 裕
吉田 金彦
岡田 路明
梅原 猛
浦川 タレ
片山 竜峯
葛野 辰次郎
藤村 久和
書名ヨミ アイヌガク ノ ヨアケ
書名別名 Ainugaku no yoake
出版元 小学館
刊行年月 1990.6
ページ数 374p
大きさ 20cm
ISBN 4093900329
NCID BN04701002
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90038843
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想