奥の細道伝説紀行 : 俳人の目吟行の目旅する目

峰尾北兎 著

芭蕉はどのような知識と情報をもって旅立ったのであろうか。『奥の細道』に反映された、各地の文化、伝承、伝説を、現代俳人の目と脚で探求した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 三千里の旅立ち
  • もう一つの日光
  • 那須野今昔
  • 風流のはじめ
  • 鬼と娘と姫
  • 岩沼から名取へ
  • 仙台に入る
  • 松島礼讃
  • 平泉旅情
  • 山刀伐峠越え
  • 山形遍歴
  • 出羽三山へ
  • 象潟から越後路へ
  • 親不知を過ぎて
  • 倶利伽羅峠越え
  • 山中温泉・那谷寺
  • 福井漂泊
  • 敦賀吟遊
  • むすびの地

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 奥の細道伝説紀行 : 俳人の目吟行の目旅する目
著作者等 峰尾 北兎
書名ヨミ オク ノ ホソミチ デンセツ キコウ
シリーズ名 奥の細道
出版元 博友社
刊行年月 1990.2
ページ数 301p
大きさ 19cm
ISBN 4826801165
NCID BN04696693
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90026559
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想