<境界>からの発想 : 旅の文学・恋の文学

長谷川政春 著

文学作品にあらわれた旅と恋と性、夜と昼の時空間を問題にした境界性の諸相、境界的人間の属性を余すところなく描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『古事記』・ヤマトタケル伝承の旅
  • 『伊勢物語』の<都>と<鄙>
  • 菅江真澄、呪的時空の旅へ
  • 『篁日記』-亡魂の旅
  • 物語の<夜>・物語の<昼>-堤中納言物語の時空間
  • 性と僧房-稚児への祈り
  • 境界・変換・話型-物語史としての『石清水物語』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 <境界>からの発想 : 旅の文学・恋の文学
著作者等 長谷川 政春
書名ヨミ キョウカイ カラノ ハッソウ
シリーズ名 叢刊・日本の文学 7
出版元 新典社
刊行年月 1989.11
ページ数 150p
大きさ 19cm
ISBN 4787975072
NCID BN04686703
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90011049
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想