東大寺と国分寺

石田茂作 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 大化改新と寺院
  • 1 飛鳥時代寺院の性格 / p1
  • 2 大化改新と寺院の行くえ / p3
  • 3 国府の仏舎 / p7
  • 第二章 国分寺制度の確立
  • 1 国分寺造営の詔勅 / p11
  • 2 隨唐の官寺制度の展望 / p16
  • 3 国分寺制度の独自性 / p19
  • 第三章 東大寺
  • 1 東大寺の現状 / p27
  • 2 東大寺の創建と規模 / p30
  • 3 伽藍配置と地割 / p38
  • 4 盧舎那大仏の造顕 / p44
  • 第四章 国分寺の遺跡
  • 1 国分寺遺跡地名表 / p55
  • 2 国分寺の占地 / p59
  • 3 国分寺の規模 / p68
  • 4 国分寺の伽藍配置 / p90
  • 5 国分寺の伽藍の分析(一)地割と建築 / p102
  • 6 国分寺の伽藍の分析(二)堂塔の連鎖関係 / p112
  • 第五章 国分寺の周辺遺跡
  • 1 条里遺跡 / p123
  • 2 国庁址 / p129
  • 3 八幡宮 / p134
  • 4 総社 / p138
  • 第六章 国分寺の古瓦
  • 1 国分寺の鐙瓦 / p144
  • 2 国分寺の宇瓦 / p164
  • 3 国分寺の平瓦と丸瓦 / p180
  • 4 国分寺の鬼瓦・鴟尾・塼 / p182
  • 5 国分寺の文字瓦 / p187
  • 6 古瓦と地方文化 / p191
  • 第七章 国分寺の礎石
  • 1 国分寺塔の心礎 / p196
  • 2 心礎以外の礎石 / p203
  • 3 国分寺礎石と地方文化 / p209
  • 付図1 国分寺址実測図 / p215
  • 遠江国分寺 / p215
  • 出雲国分寺 / p216
  • 駿河国分寺 / p217
  • 伊豆国分寺 / p218
  • 陸奥国分寺 / p219
  • 上野国分寺 / p220
  • 下野国分寺 / p221
  • 甲斐国分寺 / p222
  • 三河国分寺 / p223
  • 山城国分寺 / p224
  • 播磨国分寺 / p225
  • 安芸国分寺 / p226
  • 周防国分寺 / p227
  • 付図二 国分寺瓦拓本集 / p228
  • 国分寺鐙瓦 / p228
  • 国分寺宇瓦 / p237
  • 国分寺鬼瓦・塼 / p245
  • 国分寺文字瓦 / p246

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 東大寺と国分寺
著作者等 石田 茂作
書名ヨミ トウダイジ ト コクブンジ
シリーズ名 日本歴史新書
出版元 至文堂
刊行年月 1959
版表示 増補版
ページ数 246p (図版32p共) 図版
大きさ 19cm
NCID BB13154868
BN04681845
BN0619578X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
59004506
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想