演劇概論 : ソフォクレスからピンターまで

G.J.ワトソン 著 ; 佐久間康夫 訳

本書は、広範な時代からよりすぐった、さまざまな文化の生んだ多くの傑作をめぐって、その劇的手法の本質と効果についての精細な批判的考察を加えてある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ソフォクレスの悲劇
  • 第2章 宗教と悲劇
  • 第3章 シェイクスピアの悲劇
  • 第4章 喜劇と風刺
  • 第5章 イプセンとミラー-個人と社会
  • 第6章 チェーホフと社会変容の劇
  • 第7章 ショーとブレヒト-考えさせる芝居
  • 第8章 ベケットとピンター-何もない空間と閉ざされた部屋

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 演劇概論 : ソフォクレスからピンターまで
著作者等 Watson, George J
佐久間 康夫
ワトソン G.J.
書名ヨミ エンゲキ ガイロン
書名別名 Drama

Engeki gairon
出版元 北星堂書店
刊行年月 1990.4
ページ数 340p
大きさ 19cm
ISBN 4590008556
NCID BN04681572
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90044484
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想